Greetings

ビジネスとして著作物を扱っている事業者の方々にとって、著作権に関わるトラブルは絶対に避けなくてはなりません。著作物を制作したクリエイターや企業との関係がぎくしゃくすることで、著作物の利用を差し止められ、事業に大きな支障をきたすこともありますし、また他人の著作権を侵害する行為が発覚すれば、社会的信用は大きく失墜し、会社の存続に影響してくることも考えられます。

そのため、契約書を作成し締結することはとても大切です。契約の締結は、面倒であり、費用も掛かるため、著作物を制作したクリエイターや企業との関係が良好なうちはついつい後回しに考えがちですが、相手方との関係が悪化した途端に、過去の著作物に対して彼らが権利を主張してくることは珍しいことではありません。また、その関係が崩れてからでは、相手方から有利な条件を引き出すことは相当に困難となります。早い時期から有利な条件で契約を締結し、お互いの権利関係を明確にしトラブルを未然に防ぐことにより、事業に成功をもたらすことができるものです。

私たちの日常は、IT技術の進展により、これまで以上に、イラスト、漫画、ゲーム、映像、写真、音楽など多くの著作物に取り囲まれています。著作物に関わらずにビジネスをしていくのはほとんど不可能と言っても過言ではありません。

ボングゥー著作権法務行政書士事務所の行政書士は、著作権に関する法律の高い知見を有していることはもとより、クリエイティブ業界で、これまで多くの、イラスト、漫画、ゲーム、映像、写真、音楽、アート、広告、Web制作、出版、イベントなどの企画に携わってきました。こうした第一線の経験に基づいた著作権のリーガルサービスが、皆様のお役に立てることができたらとても幸せなことだと思っています。

ボングゥー著作権法務行政書士事務所
所長 行政書士・弁理士 堀越 総明

Gyoseishosi

堀越 総明 Somei HORIKOSHI

東京都行政書士会会員 登録番号第11080490号
東京都行政書士会著作権相談員
東京都行政書士会任意団体著作権ビジネス研究会会員
日本弁理士会会員 登録番号20591号
日本弁理士会著作権委員会委員
(2018~2020年度、2020年度は委員長、2019年度は副委員長を務める。)
株式会社ボングゥー代表取締役

東京都出身 私立暁星高等学校卒業
成蹊大学法学部法律学科卒業

ボングゥー著作権法務行政書士事務所 所長(行政書士・弁理士) 堀越総明

大手企業で営業企画・商品開発等に従事した後、現在、ボングゥー著作権法務行政書士事務所の所長行政書士として、音楽、芸能、広告、Web制作、ゲーム、アニメ、漫画、映画、文芸、美術など、ビジネスで著作物を利用する業界の企業を対象に、著作権を中心とした法務コンサルタントを行っている。
さらに、ボングゥー特許商標事務所の所長弁理士として、中小企業や個人事業の方々に寄り添い、特許権、意匠権、商標権をはじめとした知的財産権の取得・保護をサポートしている。

日本弁理士会では、著作権委員会に所属し、令和元年度には副委員長、令和2年度は委員長を務める。また、日本弁理士会の研修の講師をはじめ、金融機関、大学、企業において著作権に関するセミナーや講義の講師を務める。

なお、アート・マネジメント会社「株式会社ボングゥー」の代表取締役として、地方公共団体や大手百貨店主催の現代アートの展覧会をプロデュースし、国立科学博物館、NTTドコモなどのキャラクター開発の企画を手掛けた。

Books

知らなかったでは済まされない著作権の話(上)・(下)

「知らなかったでは済まされない著作権の話」(上)・(下)
上巻:https://amzn.to/2KB8Ks5
下巻:https://amzn.to/2KGxizR

“ありがちな著作権トラブル”をストーリー形式で紹介し、分かりやすく解説していく1冊です。
法律になじみのない人でも読みやすく、“ここだけは注意してほしい点”が分かる内容となっています。